メール配信はマーケティングの手法として近年よく用いられるようになってきました。メール配信とはどのようなサービスなのでしょうか。概要を理解してコストパフォーマンスが高い使い方をできるようになりましょう。

メール配信システムを利用するメリットとは

メール配信システムでは、自動かつ確実にメールを送れたり、HTMLメールを簡単に作れたり、メールに対する反応を測定できたりします。

メール配信のコストパフォーマンスの上げ方

配信するターゲットを絞り込む

メール配信のコストを抑えたい時には、配信するターゲットを最小限に絞り込む作業が重要となります。そこで、日頃から顧客の年齢や性別、過去の購買履歴などをデータ化しておくことが大切です。最近では、メール…

配信頻度を適切にする

メール配信で余計なコストを掛けたくないときには、定期的に顧客にアンケートを実施して、適切なメールの配信頻度について把握することが重要です。特に、毎日のようにメール配信を行う場合には、顧客に悪い印象…

相見積もりをして価格交渉をする

相見積もりは基本中の基本

メール配信を依頼する業者を選ぶときには相見積もりをしましょう。どのようなサービスを外注するときにも基本中の基本として押さえておくべき点です。メール配信のサービスは内容によって費用が異なるため、見積もりを取ってみないと実際にどのくらいのコストになるかはわかりません。社内で決まっている料金体系も業者によって違うので、全く同じ内容のサービスを依頼したとしても見積もり額にはかなりの違いが生じます。また、売り上げなどへの貢献度によるインセンティブがあるかないかでも見積もり額は大きく変わるでしょう。相見積もりをしてみればどの業者が最も安く、必要な内容でメール配信サービスを提供してくれるかどうかがわかります。

相見積もりをしたら交渉しよう

複数の業者から見積もりを取って比較し、最も安いところを選ぶというのでも決して悪くはありません。しかし、さらに交渉もすればもっとコストパフォーマンスが上がる可能性があります。交渉の仕方にも色々ありますが、他社ではもっと安いということを直接訴えかけて安くしてもらうことも不可能ではないでしょう。他社との微妙なサービスの違いに着目し、本来はないサービスを要求したり、実はあまり必要がないサービスをなしにする代わりに安くならないかと提案してみたりする方法も効果的です。複数社から見積もりを取ってみると違いがだんだんとわかり、どのサービスにコストがかかっているかも見えてきます。するとコストパフォーマンスを上げるための交渉のポイントもわかりやすいのです。