配信するターゲットを絞り込む

将来的な収益に繋がりやすい顧客層を見極めよう

メール配信のコストを抑えたい時には、配信するターゲットを最小限に絞り込む作業が重要となります。そこで、日頃から顧客の年齢や性別、過去の購買履歴などをデータ化しておくことが大切です。最近では、メールの配信数によって月々の料金が決まるシステムが採用されている専門業者が多くあるため、外注先を選ぶにあたり、早めにおおよその費用を計算してみましょう。また、メール配信によって将来的な収益につながりやすい顧客層を見極めるには、営業分析や顧客情報管理などの専門知識が必要となることがあります。そのため、予算に余裕があれば、メール配信だけでなく、メールマーケティングのサービスが用意されている業者を利用するのも良いでしょう。

メール配信の基本料金がリーズナブルな業者を見つけよう

メール配信の基本料金は、メールの文章の文字数や添付するコンテンツの有無、容量などによって大きな差が出ます。そうした中、メール配信のコストパフォーマンスを上げるには、メール配信を希望する顧客を厳選するのはもちろん、明朗会計のプランがある業者にサポートを依頼することがおすすめです。メール配信に特化した大手の業者の中には、各企業の業種や顧客数などに応じて、適切なプランを勧めているところが多くあります。そのため、メール配信のコストだけでなく、営業活動のコスト全般を節約するにあたり、新規から常連まで様々な立場の法人へのサービスが充実している業者の資料を参考にして、継続して依頼できるところを選びましょう。