配信頻度を適切にする

顧客の要望に合わせて必要な数のメール配信をしよう

メール配信で余計なコストを掛けたくないときには、定期的に顧客にアンケートを実施して、適切なメールの配信頻度について把握することが重要です。特に、毎日のようにメール配信を行う場合には、顧客に悪い印象を持たれてしまうこともあるため、十分な注意を払うことが大切です。また、一方的に新商品やサービスについて情報発信をするだけでなく、顧客側からの意見を聞くために、専用の問い合わせ方法をメールに記載しておくことも大事です。なお、顧客の数が多い場合には、理想的な配信頻度について一人ひとりに聞き取りをすることが難しいため、メール配信を専門とする業者のスタッフに相談して、有意義なアドバイスを受けると良いでしょう。

重要性の高い情報はこまめに発信しよう

顧客満足度を高めるために、外部のメール配信サービスの導入を決める企業は全国的に増えています。そうした中、メールの配信頻度を決めるにあたっては、メールに記載する情報の重要性を考慮することがポイントです。例えば、セールやキャンペーンなどのお得な情報については、一日おきなどこまめに配信をすることで、顧客の購買意欲を高めたり、イメージアップに繋がったりすることがあります。一方で、定番商品のアピールなどは、既に顧客側が把握している情報も多いため、配信頻度を少なくすることがポイントです。その他、時間に余裕があれば、実際にメール配信を通じて多くの顧客の獲得に成功した企業の取り組みについて参考までに調べておきましょう。